​会社の沿革

  • 順送(自動)プレスラインを新設し量産化に成功。

  • 厚板対応レベラーフィーダー搭載の順送プレスラインを新設し順送つなぎ無し方式の量産加工に成功。

  • 生産拠点を茨城県に移し、

    • ロールフォーミング

    • シャーリング加工

    • ベンダー加工

    • 溶接加工

を開始。

昭和63年 (1988年)
昭和47年 (1972年)
  • 創業者田中豊は東京都江戸川区内にて個人事業として金属加工を開始。

(主に金属製の蓋の製造・バネ材部品の製造。)

昭和42年 (1967年)
昭和46年 (1971年)
昭和53年 (1978年)
昭和55年 (1980年)
昭和57年 (1982年)
昭和58年 (1983年)
平成 3年 (1991年)
平成 9年 (1997年)
平成19年 (2007年)
平成23年 (2011年)
平成24年 (2012年)
  • 有限会社ユタカ工業を資本金1000万にて設立​​

  • 全ネジボルトの製造を開始。

  • 建築部品の製造を開始。

  • 45tプレス機・60tプレス機を導入。

  • 自動プレスライン8台・単発ライン4台のNC化し、更なる量産化を開始。

  • ロールフォーミング加工を廃止、プレス板金加工に一本化。

  • 自動プレスライン16台に増設。

  • 生産拠点、自動プレスライン8ラインを設備した                『上須田工場』の稼動開始。

  • 整備拠点を新設、金型工場を稲敷市福田に誘致。             (マシニング・ワイヤー放電・CAD/CAM等)

  • 生産拠点、『千葉工場』(組み立て工場)の稼動開始。

  • 上須田工場の自動組み立て装置導入し、生産効率を上昇させることに成功。

  • 生産拠点、自動プレスライン4ライン+溶接部門を設備した『大阪工場』の稼動開始。

  • 小ロット金属製品を迅速に対応するために、

    • 20tNCベンダー.

    • 30tNCベンダー

    • NCタレットパンチプレスⅹ3台

    • 小型シャーリング

    • NC位置決め装置

を導入。

平成25年 (2013年)

  • 自動量産加工の効率化を図るため、金型内サーボタップ機を複数導入。

  • 千葉工場を閉鎖し、新たな生産拠点、稲敷市石納に新設プレス部門と統合した『石納工場』の稼動開始。

平成26年 (2014年)
  • 『上之島倉庫』の新設。

  • トレースサビリティー(製造出荷検品)システムの導入。

平成27年 (2015年)
  • 6.0mm対応の自動プレスラインの導入。

  • 創業者である 代表取締役社長 田中豊 死去

平成28年 (2016年)
平成29年 (2017年)
  • 代表取締役社長 田中幸太郎 就任

平成30年 (2018年)

有限会社 ユタカ工業

西代工場

石納工場

上須田工場

大阪工場

〒300-0726 

〒300-0733

茨城県稲敷市西代498-1

茨城県稲敷市石納66-1

〒300-0737

茨城県稲敷市上須田566-2

〒551-0021

大阪府大阪市大正区南恩加島4-1-27

℡    0299-78-2284

℡    0299-78-3355

℡    0299-79-2422

℡    06-6616-9661

FAX 0299-78-2779

FAX  0299-95-8921

FAX  0299-94-6275

FAX  06-6616-9662